国際結婚子供の国籍
国際結婚とは
日本移住の場合
アメリカ
イギリス
ドイツ
オーストラリア
トルコ
インドネシア
ベトナム
ルーマニア
 国際結婚とは

近年日本に来る外国人の方の増え、国際結婚をされる方・
国際結婚を目標に婚活される方も増えてきました。
婚活という言葉が流行していますが、婚活は日本人だけのものではないようですね。
国際結婚と一言でいってもその形態は実に様々です。日本は結婚、離婚が
実に簡単で、日本人同士の結婚は、市役所、区役所に紙一枚を提出すれば
それで終わりです。離婚に関してもお互いが離婚することに同意していれば
紙一枚で済みます。

しかし国際結婚となるとそんなに単純ではありません。
国籍の数だけ法律がありますし、結婚する時期、場所、法律で定められた要件
などをクリアしてはじめて結婚ができることになります。中には相手の外国人の
方が再婚というケースもありますし、国によっては離婚制度がないところもあります。
国際結婚はケースによってその手続きが全て違うと言っても決して過言ではありません。

自分達で市役所や大使館へ行き手続きを行う場合もありますし
あまりにもややこしい場合は国際結婚の専門家へ依頼する事も出来ます。

下記に国際結婚の基本的な流れを紹介致しますので参考にして下さい。




 婚姻要件具備証明書
相手の外国籍の人が独身であり、相手側の国の法律で結婚できる条件を備えている
と言うことを相手国政府が証明した公文書のことです。

※国によっては婚姻要件具備証明書は発行しないで、これに変わる文書を発行
しているところもあるので大使館などに問い合わせしましょう。

日本国内における国際結婚であればどんなケースでもまず問題になるのが、この
「婚姻要件具備証明書」です。日本国内での国際結婚は、この婚姻要件具備証明書を
とることから始まります。在外公館で要求される要件を満たし、必要書類をそろえなければ
婚姻要件具備証明書の発行を受けることは出来ません。




国際結婚の流れ
最初に日本の役所に届けを出す場合   最初に相手国の公的機関へ届出を出す場合
日本の役所へ提出する書類の収集

役所へ書類を提出

日本での婚姻成立

戸籍に婚姻の事実が記載

戸籍を「婚姻証明」として
日本にある相手国大使館等へ届出

相手国での婚姻成立


相手国の要求する書類の収集

日本にある相手国の大使館等で婚姻手続き

相手国での婚姻成立

相手国発行の「婚姻証明書」

婚姻証明書を翻訳、
日本の役所へ提出

日本での婚姻成立




 外務省認証(アポスティーユ証明)

ある国で公的機関により作成された文書であっても他の国でその文書が
「権限ある公的機関作成の真正な文書」であるかどうか判断できない場合が数多くあります。
例えば、日本国内で戸籍や裁判所判決の謄本などを取ったとしても、それらの書類は
日本国内ではもちろん有効ですが、外国でこれらの文書を使おうとすると外国政府はその
書類が日本国内の権限のある公的機関(市役所、裁判所等)から発行された正式な公文書で
あることの証明が欲しいと言うことになります。
その証明が外務省の行う外務省認証(アポスティーユ証明)です。

証明が必要になる主な例

・日本人(夫)と外国人(妻)の夫婦で妻の連れ子を日本人夫との間で養子縁組をし
 連れ子の名前に日本人の名前を入れる場合。
 (裁判所判決謄本を認証する)

・日本人が国内で「婚姻要件具備証明書」をとり、それを外国で使用する場合。
 (婚姻要件具備証明書を認証する

※相手の方の国への大使館へお問い合わせするか、国際結婚の専門家へ依頼しましょう。

おすすめWEBサイト 5選

選ばれる理由には、税理士ならではのサポート体制があります。

大森の税理士事務所

沖縄の税理士が会社設立、決算、銀行融資をフルサポート致します!

沖縄の税理士事務所

京都の町を着物でお散歩するなら当店へどうぞ。

京都で着物レンタルをする

ご自宅に眠っているお宝を調べてみませんか

中国美術 買取

映画プロデューサーの小椋悟さんやその作品情報などについてのまとめ。

小椋悟について

最終更新日:2016/7/28